私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

 物語や伝承、童話によく登場する魔女に焦点を当てた一冊「魔女は真昼に夢を織る」。前半が短編小説(3編)、後半が魔女に関する評論文となっています。

 前半の小説が面白かったです。3編が3編とも。
 「魔女の森」。永遠の若さを願ったがゆえに異形の魔女と化した美少女のお話です。長く生きたがゆえに人らしい感情を失っている彼女・マーリンが、捨てられた赤子を戯れに拾い育てたのがまず意外。赤子は二人ともそれぞれの理由でマーリンから捨てられるわけですが、この赤子が彼女の呪いを解くきっかけになります。
 感情を失いながらもなぜ赤子を拾ったのか、そして普通の人間に育っているのを見るに、実はマーリンは人らしさを失っていないのではないか、とも思うのです。二人の生活、ちょっと気になります。

 「氷姫」。純粋で優しく育った末姫が、裏切りを受け魔物に魂を売り渡し、その見返りとして最強の女王になるというお話。
 このお話でも、末姫の呪いを解いたのはやっぱり彼女が拾った赤子なんですよね。魔女も女性である以上、母親、もしくは母性というものと切り離せないという暗示?それとも、魔なるものの対として、純粋と思われる子供を挙げているだけ?

 で、最後の「ガラスの靴」。これがまた傑作!
 シンデレラのお話を、彼女のいじわるな継姉の視点で綴るというもの。この継姉、まずはそこまでシンデレラをいじめていない、と前置きした上で、シンデレラとの思い出を語ってくれます。面白かったのは、シンデレラに登場する魔女は、このお話では継姉なんです。しかも魔法使ってないと。
 シンデレラ自体は純粋すぎてときに危うい少女として継姉は捉えているんですが、生まれ持った純粋な美貌を妬みつつ、何だかんだいってシンデレラを可愛がっている継姉の様子が見て取れて、とても素敵なお話でした。

 後半の評論部分は、様々な魔女・魔法が登場する作品を挙げつつ論じてあります。
 その中にハリー・ポッターシリーズがあるのが、なんだか現代だなあと思いました。



魔女は真昼に夢を織る
  • 松本祐子
  • 聖学院大学出版会
Amazonで購入

 どこか懐かしい雰囲気の食堂を、おばあちゃんになってひとりで切り盛りする放置型シミュレーションゲーム「思い出の食堂物語」を紹介します。リンク先はAppStoreですが、Android版もあります。基本プレイ無料。

DDnNsgFUIAA7-rs

 なんだか優しい雰囲気。
 ドット絵かな、おそらく。

 ひたすら料理を作って注文に答えて、貯めたお金で少しずつ店の設備を整えて……の繰り返しです。
 特定の料理を繰り返し作ってレベルが上がると、新しい料理が作れるようになります。たとえばご飯を繰り返して作るとチャーハンが作れるようになるとか。麦茶のレベルを上げるとオレンジジュースを覚えたりとか。

DDnolGTVYAAJupr

 てか、この料理のドット絵がいちいち美味しそうじゃないですか?

 他に、お客さんとの会話も楽しい。何度も料理を提供したり、欲しがっているメニューを出したりすると、少しずつ会話が進んでいって、それぞれの背景を見られるのが楽しかったです。コミカルな台詞回しが多い印象。
 ついクスっと笑っちゃいました。

 基本、放置型なので、隙間時間にちょいちょいやっても十分楽しい。
 でも、新しい料理を覚えるのが楽しみで、つい頻繁に触ってしまうんですよねー。

 以前買ってだだハマりしていた「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」に似た感覚のゲームを見つけ、やっぱりだだハマりしたので紹介します。
 その名も、「ポータルナイツ」。

 2017年6月29日にPS4用ソフトとして発売されたばかりですが、他に、PC用もあります。PS4がない方はそちらをどうぞ。そっちの方が安かった筈。

 いわゆるサンドボックス系と呼ばれるゲームで、ブロックで構成された世界を探索しつつ、ブロックや素材を集めて武器や家具や建物を作り出す、それの繰り返しです。一種の箱庭系ゲームとも言えますね。ポータルナイツはアクションRPG寄りで、キャラクターの成長要素があるのが魅力的。あと、マインクラフトよりは、見た目がだいぶ可愛らしい印象です。
 てかマインクラフト、あのレゴブロックみたいな見た目がどうも苦手。

DDjESmfXUAIZ1ju

 こんな感じの世界観。
 これは最初の島なんですが、土ブロックを設置すると自動で表面に草花が生えるのがとてもお気に入り。ドラクエビルダーズは、土を並べた上に、別途草の種やら蒔かなければなりませんでしたから。あれはあれで別の魅力があるんですけど。
 あ、わたしは、vitaを使ったリモートプレイで遊んでいます。

DDn5tCWUAAENK6q

 簡易的ですが農作も出来ます。
 これは家の隣にある菜園。もとからあったものを利用していますが、イチから自分で作ることも出来るはず。

DDnNfpJUIAI4IrG

 これも、もとからあった家を広げているところ。
 
 いやー、やり始めるとキリがないですよねこれ!

 いつの間にこんなん出てたんでしょうね!?
 シュールな歌から、癒しの歌、ちょっと勉強になる歌まで、バラエティに富んだ0655/2355のオリジナルソング集「0655/2355 ソングBest! 明日がくるのをお知らせします」の紹介です。特に0655の歌は、通勤時にカーオーディオで流すとテンションが上がります。2355の曲は大人しい感じのものが多いので、帰途で流す用なのでしょうね。

 特に好きなのが次の曲。

「気にしないの助音頭」。
 細かいことは気にしない!実は「重箱の隅突くの助」を受けての歌なんですけど、私は気にしない~の方が好きです。
 世の中いろいろな悩み事や困り事がありますが、小さいことはホント、どうでもよくなります。朝にいい。

「電車が来ます」。
 ひたすら「電車が来ます」「列車が参ります」と歌っているだけの歌。
 妙に耳に残るメロディで、気がつくとつい口ずさんでます。歌ってるのは竹中直人氏。低めの声が駅のアナウンスのようでなかなか心地よいです。

「素晴らしき哉、世界」。
 クセになるメロディが好き。冒頭から面白かったです。
 わたしは「造波装置」の歌詞のバージョンの方が好みですけど。
 

 今回はうちの息子に読ませている絵本から一冊、「ちょん ちょん ちょん: さわって おして ゆびあそぶっく」を紹介します。

 まず、本のページが分厚いので早い段階から自分でめくってくれます。
 それで読ませる絵本を選んでいた時期もありましたから……1歳3ヶ月を迎えた今も、油断すると破ったり噛み付いたりするので、やっぱり分厚いのがいいかなあ。

 で、ちょんちょんちょん。
 絵柄が可愛らしいのです。前に紹介した「とんとんとん のりものだあれ」と似た作風。もしかして同じ作者?
 実際に絵をちょんちょん指差して遊べるのが楽しい。たとえばタマゴが登場して、次のページでは孵って雛が登場したり。パソコンや鍵盤をちょんちょん押したり。

 結構反応いいですよ。
 多分手を動かして遊ぶのが楽しいのだろうなーと。

 今回は「ペルソナ5」の紹介です。
 怪盗と高校生の二重生活を送る主人公たちの物語で、日常パートとRPGパートに分かれています。


 日常パートでは、ペルソナ3や4以上にできることが増えているように感じます。さすが正当続編といったところ。街で遊んだりバイトに勤しんだり勉強を頑張ったり本を読んだり映画を観たり。様々な観光スポットに好きなキャラと出かけるなんて楽しみもあります。そういえば、部活動だけは5ではできなくなりましたね。

 ユニークなところでは、出張メイドを呼んだり、ダンジョンで拾った汚れた装備品をコインランドリーにかけたりなんてことも。装備品をコインランドリー。斬新。


 RPGパートでは、趣向を凝らしたダンジョンを楽しめます。ファンタジーも現代モノも何でもありな感じ。ごった煮でした。
 次のダンジョンのモチーフは何なんだろうと、旦那とあーだこーだ言いながらプレイしていたのはよい思い出です。
 これに限らず、ペルソナ5はネタバレなしで遊んで欲しいところです。


 できることが多くて、その中から自分で目標を見つけて組み立ててという作業がとても楽しかったです。
 シナリオも先が気になる内容で、誰が敵で誰が裏切り者で誰が味方での意見が遊んでいてくるくる変わりました。終わってみれば単純な話だと思うんですけど、没入感がすごいの何のって。
 あとモルガナ可愛いです。真ちゃんも可愛いです。おねーちゃんかっこいいです。


 これは個人的な感想ですが、イゴールさんが超!カッコいい!
 ペルソナシリーズをプレイしている人だとよく判ると思いますが、あのイゴールさんが!よく喋るし偉そうだし低音ボイスだし。今回の登場人物では一番好きかもしれません。
 一人称「わたくし」なのも衝撃を受けました……尤もこれは、従来作品も同じでしたけどね。
 

 ポイントサイト「げん玉」をご紹介。
 ずっと前からやってるんですが、まだ紹介したこと、なかったんですね。自分でびっくりです。

 ポイントサイト、またはお小遣いサイトとも呼ばれているサイトがあります。「げん玉」はそのうちの大手サイトであり、信頼性の高いサイトです。ポイントサイトをやってみたいとお思いの方に、ぴったりなのです。

 そもそもポイントサイトとは何なのか。
 Webには無数のサービスや商品に溢れています。ポイントサイトとは、それらを紹介するサイトであるともいえます。ポイントサイト(ここではげん玉と表記しましょう)経由で会員登録したり商品を買ったりカードを発行したりすると、それぞれポイントがもらえます。ポイントが貯まると、現金に換金できるというわけです。
 現金以外に、他所のサービスのポイントと交換もできます。Tポイントとか。

 数年やってますけど、5,000円ぐらいの換金を何回かしたことがあります。
 ま、わたしの場合は現金ではなくTポイントに変換してるんですけどね。

 狙いは無料会員登録系のサービスです。これらは、もちろん登録にお金は一切掛かりません。なのに、ポイントはもらえるわけです。exciteやYahoo!などでげん玉専用のフリーメールアドレスを取得しておくと、メールマガジンなどの管理もしやくすなります。無料会員登録系は、メルマガが来てしまうのが唯一の欠点ですから、振り分ける努力だけをすれば、少しずつお金が貯まっていくのです。

 その中で気に入ったサービスは、私は実際に使ってみたりしています。
 たとえばTSUTAYAディスカスは、げん玉をきっかけに出会ったサービスです。

 気になった方はバナーをクリック!(←この書き方、ちょっといかがわしいですね……)

 旦那がペルソナ5を遊んでいるのを見て、なんだか楽しそうだなと思い、始めましたペルソナ4 ザ・ゴールデン

 ダンジョン探索と、それ以外の日常生活の両方を存分に楽しめる良RPGでした。ま、本質的な部分ではペルソナ3と似ているんですけどね。

 

 まず、ダンジョン探索。

 城あり、温泉あり天国ありと、毛色の違うダンジョンがいくつもあって楽しいです。マップがランダム生成のフロアと固定のものに別れており、何度探索しても飽きないです。ランダム生成だからでしょうか、そんなに複雑で入り組んだマップにはならないので、ストレスもなし。何より、シンボルエンカウントなので、逃げようと思えば戦闘を避けられるのが嬉しいです。

 戦闘そのものも、敵の弱点を突けば行動回数が1回増えるのが楽しいです。

 そしてその後手に入るペルソナ!ひたすらてきとーに掛け合わせて何が生まれるのか楽しむのは、真・女神転生シリーズから変わらない楽しみですね。交渉が要らない上、一度手に入れたペルソナはゲーム内通貨で何度でも手に入るのも嬉しいところ。

 

 でもこのゲームにおいて、わたしが一番楽しいと感じたのは、日常生活面でした。

 バイトに勤しんだり、好きなキャラと交友を深めたり。買い込んだ本を読んだり、勉強に励んだり。バイクに乗れるようになってからは、映画を観に隣町?まで足を伸ばしたり、たまには外食を楽しんだり……その結果、少しずつ人間性が鍛えられるのも面白いですね。寛容さ、勇気、知識などなど。

 特に、日曜日の昼間を潰して読書に充てるのが好きです。可愛い従妹に「やっとおりてきた」みたいなことを言われちゃいます。

 

 曲も素敵ですよねー。

 テレビの世界での入り口部屋?の曲と、極楽浄土のダンジョンの曲が特に大好物です。

 コンビニのセブンである日見つけたメモ帳です。

minigennkou4569

 ねえこれ、可愛くないですか?

 中を開くと、ちゃんと原稿用紙なんです。作文用紙といいますか。もちろん、書こうと思えば文字も書けます。相当ちっさくなりますけどね。


 マクドナルドに行ったら偶然見つけたやつです。はい。

CuXxRjJUMAAwKo8

 普通のマックポテトに、期間限定のチョコソースがセットになったもの。このチョコソースがまた旨いんだなー。ついでに見えるオレンジ色のものはカボチャソースで、ちゃんとパンプキンな味がしました。が、こちらもベースはチョコレートの気がします。

 チョコソースを全体にかけるの難しいのですが、ソースが掛かった部分が失われても、元がシューストリングスなので美味しいです。但し、カロリーは凄まじいことになってそう。

このページのトップヘ