私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

 ずっと前に、ニンテンドードリームに掲載されていた見開き2ページの紹介記事を読んで、一気に惹かれ、旦那とバージョン違いで買いました。それまでは、妖怪ウォッチ自体は知っていたけれど、ゲーム本編に手を出すつもりはありませんでした。
 言っても、ポケモンみたいな感じだろうと。
 あと、対象年齢が低めなのも気になっていたのです。

 それが、「妖怪ウォッチ2 真打 」。
 
 実際、遊んでみると、対象年齢はやっぱり子供向けなのかな?と思います。
 思います、が!
 ところどころパロディは入っているし、何より、作りこまれたマップを探索するのが楽しい、よいゲームだったのです。

 紹介記事でも、たとえば登り棒にチャレンジできるとか、虫取りがあるとか、自転車で町を駆け抜けるとか、ゴミ箱をあさってアイテムゲットとか、裏路地を進んだりとか、まあ魅力的な部分はありました。実際遊んでみると、確かに、細かく作りこまれています。
 こう、新しいオブジェクトを見つけたら調べてみたくなるつくりです。道端に落ちている空き缶を蹴って空き缶入れにシュート!したり。デューク更家みたいな歩き方をしつつダンスするリズムのミニゲームがあったり。時間帯を変えたら出入りする客が変わる店、スクラッチ、井戸……まあほんと、これ、作る側も楽しかったろうなあと思います。

 以前遊んだ、ロストシープってフリーゲームを思い出しましたよ。あれもまた、いろいろ遊べたんですよね。カミナリ親父の家にボールを投げ込んだりとか。それを拾いに行ったりとか。ごみ集めとか。とかとか。

 パロディも、それダメだろって突っ込みいれたくなるものなど、ありましたね。特にホースとマスターニャーダ。何だホースの力って。

 本編に関係ないサブクエストも多く、メインストーリーがなかなか進まないという嬉しい悲鳴もみられます。
 そうそう、サブでもメインでも、クエストを選択すると、次どこに行けばいいのか矢印で教えてくれる親切設計です。もちろん、そのガイドを切ることもできますけどね。
 関係ないといえば、バスターズというミニゲームも楽しかったです。というかこれ、ミニゲームというにはちょっと豪勢すぎるような。
 主人公ではなく妖怪たちを操作して遊ぶアクションRPG風のモードで、本編に飽きたときはこれで遊んでました。そういえばこれ、後からスピンアウトとして一本のゲームとして出たんですよ。

 Karafinaのベストアルバムの一つです。もう一つ、"Blue"もあります。

●consolation
 なんだか疾走感のある歌。短調で、切なさと強い決意とを感じさせてくれます。ドライブするときに流すと別の意味でテンションが上がりますね。これ。こういう曲調好きなんですよねー。

●moon fest~ムーンフェスタ~
 NHK教育の「みんなのうた」で知った一曲。なんだか「月のワルツ」に似た雰囲気の歌なのですが、サビ部分が長調なのです!切ない時間を越えて、恋しい再会を果たしたって雰囲気がして、希望が感じられて……いい意味で裏切られました。歌詞では「いのちの輪 広がり 閉じて繰り返す」って部分がお気に入り。NHKでは、そこでいろいろな親子や夫婦の姿が描かれるものですから。こう、つながる命の尊さ……男女の愛の尊さ……改めて感じます。そうそう、CDに収録されているのはフルバージョンで、テレビ版と異なるのですよ。その、テレビ版にはない部分からは純粋な娘の恋の匂いがします。

●音楽
 これもconsolationと同じで疾走感があります。荒野のイメージかな。
 人が動物として持っている、原子的な音楽の歌。動物というか、その人として、かな。オリジナルを揺さぶられる仕上がりです。

 たとえばファーストフード店で、たとえばベーカリーで、たとえば中華レストランで、いくつかのメニューを、客の注文通りに出す、いわゆる"品出し"系ゲームです。基本プレイ無料、アイテム課金制となっています。
 ※攻略情報を簡単にまとめました→【攻略など】クッキングフィーバー

CnAHJiXUkAAWjYE
 
 はじめはファーストフード店で、客の注文に答えて、パンに焼いた肉やレタス、トマトのスライスを挟みます。別の客にはほっとドックを用意したり、合間を縫ってフライドポテトを揚げておいたり。ステージが進むごとに、客の注文はどんどん複雑になっていきます。しかも長時間ほうっておくと、客は怒って立ち去ってしまい、収入が激減。
 
 何を先にすべきか、空いた時間に出来ることはないかなど、物事の優先順位を常に考えて判断、行動しなければなりません。これが、ひたすらに楽しい。
 ステージが進む前は、まだ、ハンバーガーのトッピングも肉しかないのに、先に進めば他の具が増えていきます。

 で、客の注文に答えると、コインのほかに経験値が入ります。
 それらをためてレベルアップすると、今度は新しい店をオープンできるのです。たとえば中華レストラン。ファーストフード店とは違う手順が求められます。やってること自体は一緒なんですけど、毛色が違うお蔭で長い間飽きずに楽しめますよね。
 
 スタミナ制ではないので、時間が許す限り存分に遊べるのも嬉しいところ。

 集めたコインでキッチンやお店を少しずつ改良していくと、仕事の効率がぐんと上がって快感です。だから、何度も繰り返し遊ぶことがストレスにならないのです。インテリアを豪華なものにしていく作業は、目でも楽しめますしね!

 生協の共同購入にて、カタログにあれば必ず買ってしまう冷凍食品です。

Cm_IvUEUsAAVW67


 値段は大体300円~400円ぐらいでしたっけ?20個も入っていますし、チンするだけで美味しくいただけます。彩りを整えたり、隙間を埋めたり、ホント重宝してます!
 これ、店舗には置いてないのかしらん。

 オンラインゲーム「トリックスター」のキャラや世界観をそのまま引き継いだソーシャルゲームアプリ「召喚士になりたい」を紹介します。

召喚士になりたい

 
 基本的には、すごろくの目のようなステージを、出た目の数だけ進んでいくという、ボードゲームみたいなゲームです。でも出てくるモンスターがいちいちトリスタのモンスターですし、何よりBGMが!懐かしの曲ばっかりじゃないですか!
 トリスタがサービス終了したとき、これらはもう二度と聴けないんだなあと寂しくなったものですよ。
 
 初めて挑戦するステージでも、オート進行できるので、何か作業をしながら進めることが出来るのも嬉しいところ。
 ま、ゲームとしてどうなんだと思わないでもないですが、そこはそれ、ユニットを育てて楽しむわたしには十分な機能ですよ。
 

 こちらで紹介しているゲームアプリ「クッキングフィーバー」について、もうちょっと詳しい説明&攻略など。

●ちょっとしたコツ

(1)お店の開放は計画的に。
 各お店は、ステージが進むとキッチンやインテリアの拡張なしではどうしてもクリアできなくなります。しかしジェム(宝石)については、無課金では集めるのに時間がかかります。よって、複数のお店を開放するより、どれか好きなお店に絞ってステージをクリアしていくほうが効率がよいのです。
 それに、ステージが進むとそれぞれのお店で出来ることが増え、ステージ自体もより複雑で槍応えが出てくるので、お店を無理に増やさなくても十分楽しいものです。

(2)客が置いたコインは放置可。
 客の注文に答えると貰えるコインは、そのままにしておいてもペナルティはありません。ただ、その場所に新しい客が来なくなるだけ。よって、客が多過ぎて捌ききれないときは、1席2席、コインを放置しておいて、客の入りを制限したほうが却ってスムーズです。

(3)オマケはなるべく使わずに。
 ファーストフード店のカップケーキ、中華料理屋の月餅など、ジェムで補充するオマケメニューがあります。これを出すと経験値やコインが多めに貰えますが、出し過ぎはジェムの浪費にもつながります。基本的に、これらは無視し、キッチンやインテリアの拡張だけでクリアできるようにしましょう。

(4)拡張はキッチン優先で。
 中華料理店で、客数を増やすインテリア拡張をしたところ、それまで26人だった客が27人に増えました!
 という体たらくだったので。
 おそらく客の数ってそんなに増えないのではないかと。この点についてはこれから検証しますが、キッチンを拡張した方がより多く稼げます。
 捌ききれない場合は調理器具を、あと少しコインが足りなくてクリアできない場合は食材をアップデートします。

(5)食材の焦げ付きを防ぐ
 ファーストフード店や中華料理店など、フライパンが登場する店にて、食材をずっとほうっておくと焦げ付いてしまいます。
 が、タップして持ち上げている状態だと、食材については時間が止まるため、焦げ付きません。 いざというときの緊急回避にどうぞ。なお、カクテルバーの氷も同じです。

(6)捨てないで
 間違えて注文通りに盛らなかった料理や、焦げ付いてしまった食材を捨てると、そのステージで稼いだ分のコインからマイナスされます。1回数~十数コインですが、これがきっかけでクリアできるステージを失敗したりします……。

(7)優先すべき客は?
 注文が複数ある客は、それぞれを達成するたびに機嫌がよくなります。機嫌が良いと、チップが多めに貰えます。1品しか注文しない客は、機嫌が悪くなる一方なので、そちらを優先しましょう。

 ある日旦那が買って帰ってきたグミ。
 その名も、すいかグミ

すいかグミ

 この、スイカそのものな感じの見た目が一番好きなんです。
 食べるとちゃんとすいかの味がするのです。

 上記リンクだと、10袋セットでしか買えないので、出来れば店頭で見つけてください。
 たぶん、コンビニ他にあると思われます。

 よくある箱庭系農場ゲームのひとつですが、グラフィックが綺麗なドット絵であることに惹かれて始めました、エブリタウン。海外の企業が運営しているゲームで、2016年2月に日本語版が配信されました。

Cg_q6VIUgAAHMFp
 
 育てられる作物が豊富な印象を受けます。そして何の脈絡もなく全く関係のなさそうな作物が開放されるのが面白いと思います。最初に育てられるのはキャベツですが、その次は小麦、さらにその次はトマト、イチゴ、カボチャ……唐突に稲が出てきたときは面食らいました。
 
 運営者がどの国の企業かは判りませんけど。韓国ですかね?

 このゲーム独自の要素としては、農場の飾り付けが必須であること。といいますか、村を発展させるゲームなのですが、建物やトピアリーを設置したり、花を植えたり、道を整備したり水路を引いたりして、特定のポイントを貯めないと、生産施設を設けたり畑を広げたりが出来ないのです。

 大体のゲームにおいて、飾りつけってオマケ程度ですからね。それは新鮮に思います。

 飾りつけアイテムは、当然ながら豊富に用意されています。さもなければ村の発展が難しくなりますしね!

 庭に餌を置いて、猫が遊びそうなおもちゃを置いて、あとは猫が来るのを待つ。
 ひたすら待つ。
 やってきた猫は餌のお礼ににぼしを置いていくので、それで新しいおもちゃやより美味しい餌を買って置く。そして再び猫が来るのを待つ。
 ひたすら待つ。
 ただただその繰り返しが続くアプリ「ねこあつめ」の紹介です。
 三毛猫や白猫、くつした猫といった実際いそうな猫(ただし柄の名前)の他に、キッドさん(西部劇風の帽子を被った猫)など一風変わった猫もいます。それらを集めて猫辞典を完成させるのがひとつの目的になりそうですが、何てったって、おもちゃに猫がやってきたときの様子が可愛らしくて!それを見るのが私は楽しくて、続けています。
 たとえば花瓶。

CUXkz8kUsAAUAgb.jpg

 なんで花瓶に入ろうと思ったの、キミ?

 ツイッターでのツイート文字数を経験値に換算し、呟けば呟くほどレベルが上がっていくだけというお遊びWebサービスがれべるあがったーです。ツイッターアカウントと連動して使い、4時間おきに、その間の文字数をカウントし、それに応じた経験値を付与、レベルが上がっていきます。
 
 それだけなんですけどね。

 レベルは職業ごとにあります。僧侶、戦士に魔法使いといったオーソドックスなものから、無職、力士、サンタクロースといった変り種まで、数十種類あるのでは?
 職業ごとに、レベルが上がるとステータス値が上がり、そのうち他の職業にも就職できるようになります。いやぁ、終わりが見えないですね。だがそれがいいのです。
 
 ツイッターでの文字数が経験値になるので、休みの日なんかは、ついつい無駄なこともツイートしてしまいますね。その結果、ツイッターがちょっとだけ賑わうかもしれません。
 もとから多くツイートする方なので、それに他の楽しみが加わって、わたしは単純に面白いと感じています。
 
 一応、れべるあがったー内にて、クエストやログインボーナス、装備の収集・強化といった要素もあります。

このページのトップヘ