謎解きとか3Dアクションとか苦手で、ゼルダの伝説シリーズは、さほど手を出してきませんでした。

 たとえば、名作と名高い「ゼルダの伝説 時のオカリナ」。3DS版版をちょっとだけやってみましたが、最初のダンジョンで既に躓き、挫折したのはいい思い出です。

 しかしながら、ブレスオブザワイルドはオープンワールドで、ただ世界を探索しているだけで楽しいと聞くではありませんか。さらに、調べてみると料理やら家作りやらの要素もある。何より、インターネットが発達したこの時代、少なくとも謎解きに関しては、詰まったら攻略サイトでも見ればすむわけです。


 というわけで、手を出してみた「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。

 結論から言えば、正解でした。


 まず、プレイ前から気になっていた料理。世界各地で見つけた食材を組み合わせて作るだけなのに楽しい。しかも、回復アイテムとして重要なのです、料理。ついでに寒さに強くなったり、スタミナを回復したり、防御力を上げたりといった、冒険を手助けする効果もたっぷり。まず食材集めが楽しい、次に組み合わせて料理するのが面白い、最後に料理自体がとても冒険に役立つから嬉しい。最高なサイクルではありませんか。


 次に、ただ世界を探索するだけでも楽しいのです。木を切り倒して木材を得たり、薪に火を付けて焚き火をしたり、世界各地に隠されている祠を近付いたら音が鳴るセンサーだけで探したり。各地に散らばる塔を上って、周辺の地図情報を得るのも、まるでその地域を制圧したかのようで達成感がすごいです。


 ストーリー自体も王道ながら面白く、特にウルボザ姐さんとゼルダ姫が好きです。


 広大な世界を探索するのに、少しずつ遊べるSwitchという端末も最適ですよね。


 最後に、今作のシーカーストーンがスマホにしか見えないのは私だけではない気がします。