久々にマリオカートシリーズを遊びたいと思い、手に取った最新作「マリオカート8 デラックス」を紹介します。
 プラットフォームはSwitch。

DhGWHvtVAAAyAYd


見た目よりシンプル

 天井や壁を横や逆さになりながら走るようなコースが多いので、ぱっと見では面食らうのですが、実際走ってみると、視点も視界も変わらず従来通りなので、思ったよりシンプルなのかなと思いました。ジャンプ台を使ったり、段差を降りる際だったり、キャラクターが宙に浮いている状態でアピールすると加速するシステムなんてのもあり、単純にレースゲームの腕が劣っていても他に挽回できる要素が多いのかなと思いました。

 コースアウトしないような設定もできるので、苦手な人でも十分楽しめると思います。

 逆に、コースアウトしない設定を外せば、コース内にたまにある変な近道を走り抜けて一気に順位アップなんてこともできます。この辺、コースを探索する楽しみがありますね。

種類豊富なコース

 新しいコースと、今までのシリーズ作品のコース(のリメイク)と、いろいろとバリエーション豊かで飽きません。

 標準的なサーキットだったり、お化け屋敷を走り抜けたり、水中に潜り込んでそのまま走る(泳ぐ?)コースまであります。
 また、過去のコースのリメイクだと、キノピオハイウェイが楽しかったですね。あれは対向車線の車と先行する車の隙間をすり抜けていかに早く走れるかが特長のコースですが、今作では壁に沿って走ることができるため、そういった駆け引きを全部無視して進めました。

 目新しいものだと、どうぶつの森より村っぽいステージと、ゼルダの伝説よりハイラルっぽいステージがありました。こういう、別作品とのコラボも面白いですね。
 たとえばハイラルっぽいステージだと、コインがコインでなく緑ルピになっているし、ハテナボックスに触れてアイテムが決まるまでの音もゼルダの伝説お馴染みの効果音になっています。芸が細かい。

2人プレイ可能

 ソフト一本で、2人プレイまでなら多人数で遊べるのも楽しい。
 家族や友人でワイワイ、これぞマリオカートの基本ですよね。

 ところで、グランプリの100ccってあんなに難しかったです?