指定されたマスをひたすらぽちぽちタップして潰していくだけの塗り絵アプリ「ドットぬりえ ドットアーティスト!」。今まで何度か塗り絵アプリを落としては飽きて、を繰り返していたわたしにとって、初めてまともにハマった塗り絵アプリでした。

DjToyclUUAA2UnF


ただひたすらに潰す

 やり方はシンプル。塗りたい色を選んだら、その色と同じ番号のマスをひたすらタップしていくだけ。一応、タップした状態で指を離さずに動かすことで、一気に複数のマスを塗ることも可能です。塗る面積が広い場合はそうした方が楽ですが、そうでなければ、わたしは1マス1マスぽちぽちタップしていきます。

 その、少しずつ潰すという作業が何故か楽しくてハマっています。


DjToycnVAAEH7pV  DjToycoUYAAjWnM  DjToycnV4AAToKh

達成感がある

 ある程度マスを拡大して塗っていくので、全体像が判らなくなることは多々あります。

 だからこそ、塗り終えて1枚のイラストとしてドット絵が完成したときの達成感!
 塗っている時は、たとえば同じ緑でも、薄いのから濃いもの、グレーに近いものから明るい緑まで、数種類の色を使い分けて塗っていきます。これが、出来上がってみると影やハイライトを表現していて、ああなるほどそのためにあの色を……と腑に落ちる感覚も好き。


増えていく下絵

 20188月現在、アップデートが頻繁に行われており、2週間に1回ぐらいのペースで新作の下絵が4枚ずつ追加されています。ツイッターではリクエストも募集しており、運よくわたしの出したリクエストも応じていただきました。

 仮にアップデートが鈍ったり止まっても、既に100種を超える下絵があるので、十分遊べると思います。
 なお、いったん塗ったものをリセットも出来るので、お気に入りのイラストは繰り返し遊べます。


 わたしのイチオシはNo.093。他のイラストに比べキャンバスの大きさが桁違いに大きく、塗るべきマスの数も、色数も豊富な大作ですが、その分塗り応えもありました。
 ああいう大きい下絵がまた増えてくれたら嬉しいけれど……贅沢言ってはいけませんね。