今日は「とんがりボウシと魔法の365にち」というソフトを紹介します。プラットフォームはDSです。

 一言で言えば、おいでよどうぶつの森のパクリなんですけどね。
 でもお も し ろ い!

 舞台は魔法学校です。自分の好きな名前をつけることが出来ます。ソフト一本で4キャラまで作れて、同じソフトなら同じ学校を共有します。住人(というか生徒)も、新規で始まるたびに変わります。全部で100人だったはず。
 この生徒キャラがまたクセモノばかりで。ウサギのイナバ、宇宙人で口癖が「ケツロンをいうとだな」のプリンス、どこからどう見ても携帯電話の「けいた」、マトリョーシカっぽい「ポロン」、果てはアンデッドというかゾンビの「ロットン」。きっと他にも妙ちきりんなキャラはいるでしょう。「わかんないかなー」とかの各種口癖も面白い面白い。
 一緒に遊んだり、勉強したり、授業を受けたり……。仲良くなると親友&恋人になることも出来ます。

 主人公は魔法学校の生徒なので、いろいろな魔法とおまじないを使うことが出来ます。これがまた、面白いんですよね。
 魔法には、例えば宝探しの魔法があります。お宝が埋まっている場所を教えてくれるものです。照るミーラブの魔法もあります。キャラに掛けると、そのキャラが一番好きなキャラを教えてくれます。
 おまじないは、効果がゆっくり出るものが多いですね。「ふしぎはなのおまじない」だと、咲いている花をファンタジーな花に変えます。

 私が一番気に入ったのは、音楽です。
 使われているBGMが、クラシック音楽の有名曲のアレンジなのですよ。季節と時間帯と場所によって曲も変わります。ドビュッシーの「月の光」だったり、サン・サーンスの「白鳥」、シューベルトの「セレナーデ」などなど……。「ゴリウォグのケークウォーク」が流れたときは、私は感動しましたけどね。そんなマイナーな曲が流れるなんて!と。

 クラシックアレンジではないですが、様々な音楽がこのゲームにはあります。この音楽は、CDを買ったりバーで聴いたりすると覚えることができます。そして覚えた曲は、楽器で演奏できるのです。アコギター、フルート、ベース、ドラムセット……様々な楽器があります。で、生徒たちと一緒に演奏することが出来るんです。
 これが、楽しい!
 合奏の楽しみって、音が重なったあの瞬間のハーモニーですよね。それが、手軽に味わえるのです。しかも、キャラによって持っている楽器は異なりますので、一緒に演奏するメンバーが変われば合奏の仕上がりも変わります。

 パクリゲーなのになんでこんなに面白いのか。
 私は、このソフトを買って正解だったと思っています。