200円の万年筆「ペチット1(万年筆タイプ)」を紹介します。
 ペチットというペンには3種類ありまして、一つが万年筆タイプ、一つがサインペンタイプ、一つが筆ペンタイプです。筆ペンタイプに橙色のインクを入れて「書道の朱筆入れごっこ」で楽しむことも可能ですが、それはまた別の話ですね。



 こんな感じで、かなり小さいです。
 蓋を本体の末尾に装着することで長くして使います。
 別に装着しないでもいいですけどね。

 このペン、ペン先が万年筆だからかもしれませんが、書き味がいいんです。滑らかで書きやすい。小さいからポケットにも入れておけますし、筆箱の邪魔にもなりません。まあ、書ける字は太めだとは思いますが。0.5mmぐらいでしょうか。

 インクが切れたら専用のインクカートリッジを入れ替えればOKなあたりも、なんだか本物の万年筆っぽいですよね。
 その入れ替える瞬間がまた楽しかったり。
 初めて買って、インクと本体の間に立ちはだかるキャップを取った瞬間も楽しいです。ペン軸にインクがしみこんでいくのが見えるのですよ。

 黒以外にも様々な色があります。
 私はブラックとベビーピンクを持っています。