その名の通り、テレビアニメポケモンで使われたBGMを集めたCDアルバムです。「TVアニメポケットモンスター オリジナルサウンドトラックベスト1997‐2010」。私はDisc2のみ、楽天レンタルを利用して聴きましたが、これがまた、素敵なゲームBGMのアレンジ集だったのです!

 収録されているのは、第3~4世代。ルビー・サファイア・エメラルドとダイヤモンド・パール・プラチナです。かっこいい曲はかっこよく、静かな曲は癒し系に。特に気に入ったのは次の曲です。

 まず、ハクタイの森。ゲーム本編ですら、静かに包み込むような旋律にほれぼれするというのに、アレンジではさらにその癒す力が上がっているように思います。静かに可愛らしくおとなしく始まり、元がゲームの曲だなんて判らないぐらい。というか、アニメではどの場面で使われたのでしょうね、これ。本当にハクタイの森に行った時でしょうか。

 次に、アクア団登場。私は第3世代をあまり遊んでいないので、はっきり言って、元曲を忘れています。けれど、この曲の持つカッコよさは十分感じ取れるわけで。これ、元曲を知っていればもっと感動だったのだろうなあと残念なところです。

 最後に、海の博物館。これは元曲自体が第1世代の曲「サントアンヌ号」のアレンジなので、アレンジをさらにアレンジしたものがCDには収録されているわけですが、これがまた癒し系の曲なのですよね。ハクタイの森よりは大人でエレガントな旋律。主旋律の音がハープシコードっぽいからそう感じるのかしら。博物館で本当に流れていそう……と、それはもともとが博物館用にアレンジされたものなので当たり前かもしれませんね。

 サントアンヌ号だ!と真っ先に感じましたが、これはこれで大好きなのでした。