世の中にはファイル共有サービスなるものがあります。最近ではクラウドサービスとも呼ぶかもしれません。どのパソコンやスマホ等端末からでも、同じファイルを常に共有・閲覧・編集できるというサービスのことです。

 Evernoteもその中の一つ、かもしれません。
 一般的なクラウドサービスがファイル単位で共有するのであれば、Evernoteは文字列を共有します。テキストデータそのものを、いつでも呼び出せるし、編集でき、それは即座に同期される。私みたいな文章書きには持ってこいなのです。

 私はパソコンではWebブラウザ版を、スマホではアプリ版を使って、大体こういったブログの下書きをしています。
 他にEvernoteの使い道としては、アイディアメモ、その日食べた食事の記録など、様々な使い方が挙げられます。それこそ日記帳にしてもいいのかも。

 また、Webページを丸ごと保存することも可能。気になったページがあれば、それをEvernoteに放り込んでおいて、あとで時間の空いたときにじっくり読む。
 Pixivの二次創作小説をコピーしてきて暇なときに読むという使い道を、私は専らしています。

 私にとっての最大の魅力は、どこからでも、どの端末からでも、文章を編集できること。
 何か書くのが好きな人間なもので。