小さなフランス料理店を舞台とした連作短編「タルト・タタンの夢」を紹介します。

 主な登場人物は、こだわりのある料理長、料理長の腕にほれ込んで働いているシェフ、主人公兼ウェイター、ソムリエの4人。ここに各章ごとにお客さんが加わって、様々な物語が綴られていきます。
 主要登場人物は4人なので、舞台を簡単に把握できる点は魅力的です。いえ、いっぱいいてもいいんですけど別に。

 ミステリー小説に分類されるようで、ちょっとした謎解き要素もあります。尤も、料理長や主人公が大体解いてしまうのですが……。
 それより何より、登場する料理がいちいち美味しそうで惹かれます。グルメ本見るよりこういう物語で料理の描写を読む方が、私にとってはよりリアルに美味しさが感じられるので不思議でした。フランス料理店ということで、私の知識不足の分もあるのですが、たとえば鴨のカスレ、この本を手に取らなければ知ることはなかったのだろうなと思います。

 しかし本当に料理の美味しそうなこと!
 実際に食べたことがないと描写できないだろうなあと思うほど。それに、こういうこじゃれた料理店、でも構えなくても十分美味しいものを食べさせてくれる場所、身近にもあればなあと思う次第です。


タルト・タタンの夢
  • 近藤史恵
  • 東京創元社
Amazonで購入