今回はうちの息子に読ませている絵本から一冊、「ちょん ちょん ちょん: さわって おして ゆびあそぶっく」を紹介します。

 まず、本のページが分厚いので早い段階から自分でめくってくれます。
 それで読ませる絵本を選んでいた時期もありましたから……1歳3ヶ月を迎えた今も、油断すると破ったり噛み付いたりするので、やっぱり分厚いのがいいかなあ。

 で、ちょんちょんちょん。
 絵柄が可愛らしいのです。前に紹介した「とんとんとん のりものだあれ」と似た作風。もしかして同じ作者?
 実際に絵をちょんちょん指差して遊べるのが楽しい。たとえばタマゴが登場して、次のページでは孵って雛が登場したり。パソコンや鍵盤をちょんちょん押したり。

 結構反応いいですよ。
 多分手を動かして遊ぶのが楽しいのだろうなーと。