私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

カテゴリ: ゲーム/SFC

9ae8dc1c.png


 SFC後期に発売されたシュミレーションRPGソフト「エナジーブレイカー」を紹介します。

 ドット絵ではありますが、SFC後期に発売されたというだけあって、グラフィックの美しいソフトです。そしてそのグラフィックに劣らないほどのBGMの秀逸さ!中でも「願いの滝」の曲は好きですね。あと、地味にセーブファイルを選ぶ画面の曲もいいと思います。

 主人公たちはレベルアップの度に、エナジーという力を得ます。水・炎・風・土の4種類に分かれているそれを、好きなものからレベルアップさせていくのです。そして持っている力のバランスで、技を覚えます。例えば回復技エルピーは、水の力が4ポイントあれば覚えます。
 条件を満たしても、覚えるかどうかは実際ランダムなのですが。

 私が気に入ったのは、綺麗なグラフィックとともに、いろいろ調べられることです。
 例えば、机を調べれば「飲みかけの水だわ……」というメッセージが、ランプを調べれば「普通のランプね」というメッセージが、本棚を調べれば「うわ!おばさんな本ばっかり」というメッセージが、それぞれ出てきます。新しい街に行くたびに隅々まで調べたくなります。
 ダンジョンの中でも変わらずに、ちょっと変なものを見つけたら調べてみると、いろいろ知れて面白いです。こういう細かい作りのソフト、好きなんですよ。

 そしてなぜか主人公が凄く強くなります(笑)

ea09a543.png


 久々の、SFCソフトの紹介です。
 知る人ぞ知る「アクトレイザー」です。

 主人公は神です。
 遠い昔、悪魔との戦いに敗れて眠りに付いていた神が、目覚めるところから物語が始まります。神が眠っている間に、地上はすっかり魔物のものとなってしまいました。跋扈する魔物を蹴散らし、人間のために住みやすい環境を整えていくのが、神の使命です。
 なぜなら、人々の信仰心が神の力になるからです。

 目的は、人口を増やすことです。
 まず最初は、魔物をまとめて蹴散らします。これは、横スクロールのアクションゲームになっています。ちょっと操作に癖はありますが、そこまで難しくはないと思います。私でもさくさくクリアできましたので。……ボスによっては、ちょっと手こずることもありましたが……。

 アクションモードでボスを倒せば、今度はそのエリアに神殿が出来ます。
 次に、神さまは、人間達に指示を出して、町を建設させていきます。神が出来るのは、「奇跡」を起こすことです。雷で邪魔な林を焼いたり、岩を砕いたり、太陽で照らして湿地を乾かしたり、雪を溶かしたり……。そうやって整地しておけば、あとは人間達が勝手に町を作ります。
 ちなみに今回の画像は、ブラッドプールエリアの町です。

 この街づくりが楽しいのですよね。
 迫り来る魔物を蹴散らしながら、人々が少しずつ町を大きくしていくのを見守ります。作っていくうちに文明レベルが上がり、家が豪華でしっかりしたつくりになっていったり……あるいは、橋を作る技術を得たり、水田の技術を得たり。
 たまに人々の願いを聞き入れながら、大きな街を作っていってください。

 プレイ時間は、多分、10時間も掛からないのではないでしょうか。

永遠のフィレーナ

 今度はSFCソフトとして紹介します。
 「永遠のフィレーナ」です。

 シナリオ重視のソフトだと思います。
 ザコ敵とのエンカウントは多くも少なくもありません。レベルも、割とさくさく上がるので、ザコ戦を逃げないようにしていれば、まずレベル不足で行き詰ることはありません。シナリオを進めるためにも、町の人々の話を何回も聞いたり、町の隅々まで調べるようにしていれば、まず行き詰りません。
 とにかく、プレイしやすいゲームでした。
 それゆえに、シナリオのよさが強調されています。女なのに男と偽って闘うバトラーのフィレーナが、巻き込まれていく運命……。美しいグラフィックとBGMが、シナリオ雰囲気をより盛り上げていますしね。曲といえば、私は灯台とフィロセラの曲が一番好きです。グラフィックでは、フィロセラ王宮ですね。

 RPG初心者でも簡単にクリアできます。
 シナリオを楽しむことができる、これはRPGの真髄のうち一つだと思います。

46億年物語

 続いてかなりマイナーなゲームの紹介をば。「46億年物語」です。エニックスのアクションRPGなのです。

 主人公は……とある生物です。
 地球の進化の歴史にしたがって、魚類から両生類へ、両生類から爬虫類へと、順々に進化していきます。敵というか、クラゲやゴキブリの先祖(名前は失念しました)などの捕食対象を食べ、背びれや体、顎などを進化させていきます。各ステージのラストにいるボスを倒すと、次の時代に移行するのです。
 なかなかこういうタイプのゲームってないですよね。RPGというよりは、アクションの方が強めな印象は受けます。でも、とにかく相手を食べればいいので、アクションはちょっと苦手だという人でもさくさく進めます。

 PCエンジン版もあるらしいですが……?

スレイヤーズ

 今回はゲームの紹介を。SFCソフト「スレイヤーズ」です。

 キャラクターや設定は、原作と同じです。
 ガウリイがブラスト・ソードを持っていたあたり、そして普通にフィリオネル王子が玉座についていたあたり、どうやら原作のかなり終盤の設定を用いているようです。そんな中、記憶をなくしたリナの冒険が始まります。
 システムなどは普通のRPGなのですが、ストーリーが好きでした。リナの正体が徐々に発覚する辺りの展開なんて、おもしろいと思いました。だって、このリナはリナではないんですよ!?
 クリア後に追加シナリオがあるのもいい感じです。

 ちょっとラスボスが弱すぎる気もしましたが……。

聖剣伝説3

 最近更新が飛び飛びです……。

 気を取り直して。今回は「聖剣伝説3」をご紹介。SFCソフトです。

 ずっと前に紹介した「新約聖剣伝説」の続々編になります。一応は。
 アクションRPGという位置づけのソフトです。レベルも経験値もありますが、基本的には動いて剣で敵を斬ります。敵の攻撃が当たらないように避けつつ、ざっくりと。選んだキャラによっては拳で殴ったり、槍で突いたりもできます。……弓はなかったようですが。
 これがおもしろいんですよね。基本、ボタン連打で進めますから。レベルがあまりにも低いと、ボタン連打だけでは進めなくなるところは、そりゃあ、絶妙のゲームバランスと言わざるを得ないでしょうしね。
 
 そんなシステムとは別に、シナリオの構成もいいです。
 主人公は6人のキャラから選べるのですが……そのキャラによって、シナリオが大きく三つに分かれるのです。いや、物語の大筋は同じですけど、黒幕がそれぞれ違う!よってエンディングなんてまったく違ったものになりますし……少なくとも三回は楽しめますよね。
 また、キャラにはクラス(職業)というのがありますが、その組み合わせとキャラそのものの組み合わせを考えると、とにかくパーティの組み方の種類が増えるんです!豊富なシナリオとパーティ構成と、豊富な技と。グラフィックも綺麗ですし、何度も繰り返しプレイさせるように作られてるんですよね。

 ちなみにBGMは、普通に音楽として聴くにもぴったりですよ♪

パネルでポン

 「パネルでポン」。以前紹介した「ヨッシーのパネポン」や「ポケモンでパネポン」の元となったソフトです。プラットフォームはSFC。

 システムに関しては、もう何も説明要りませんよね。前二つの記事に書いてましたから。
 パネポンシリーズの総本山のこのソフト、いろいろな妖精が出てきます。その妖精たち一人ひとりにテーマソングならぬテーマ音楽が設定されていて、ピンチになったときも、それぞれ違った曲が流れるのです。またこの曲が素敵なもの揃い。「スーパードンキーコング」以来の"素敵な曲の豊富な"ソフトかと。

 ……無駄にハマるゲームシステムも健在です☆

 いろいろな妖精が出てきます。主人公は花の妖精リップですが、他に、風の精霊ソフィアだったり、宝石の精霊ルビーだったり、見た目も性格も様々です。お気に入りの妖精を選んで、対戦プレイに興じるのも一興でしょう。
 私は月の精霊セレンが一番好きですが!女神コーネリア戦を彼女で戦うと、いっそうるさいほどの「おーほっほっほ!」対決になります。

 ストーリーモードでは、難易度により、結末も最終ボスも変わってくるのが面白いと思います。手軽なマルチエンディングってやつですね!

風来のシレン

 「不思議のダンジョン2 風来のシレン」をご紹介。SFCソフトです。

 「トルネコの大冒険」と同じく、不思議のダンジョンと呼ばれるゲームです。入るたびにダンジョンの地形は変わり、敵の出現するタイミングも、落ちているアイテムも、罠の場所も違うというゲームです。俗に言うローグタイプのRPGですね。
 トルネコと比べ、和風な雰囲気です。この「風来のシレン」は。レベルアップしたときの掛け声が好きです。まあ、街とかの雰囲気というか、曲も好きですけどね。トルネコと違うのは、ダンジョンの描かれ方でしょうか。トルネコにおけるダンジョンは四角形と通路の組み合わせですが、シレンでは、まちまちの形をしています。湿原とか谷とか森とか、そういった自然そのもののダンジョンもあるため、境界が見えにくいのですよ。だから、本当に迷っている気分になれること請け合い(笑)。
 敵がレベルアップするのも怖いですねー。その分経験値が多く貰えるのはありがたいのですが。

 さて、どんなエンディングが待っているのでしょう?

ヨッシーのクッキー

 「ヨッシーのクッキー」をご紹介。SFCソフトです。

 パズルソフトです。
 画像を見れば判るかも知れませんが、基本は、クッキーの種類を揃え、消していくというものです。
 縦一列あるいは横一列揃えらればクッキーが消え、全てを消せばクリア。シンプルですが、それゆえにおもしろいです。それに、こういうルールのパズルって、他にはありませんよね。連鎖もできますし。ただ、連鎖の組み方は結構難しいですが……。

 一味違うパズルをお探しの方……どうですか?

真・女神転生Ⅱ(SFC)

 「真・女神転生2」をご紹介。前の記事書いていて、このソフトのことを思い出したのですよ。

 これは、私が初めてやった「メガテン」シリーズの作品です。
 購入当時小学生だった私は、ゲーム屋のおっさんに「これは難しいよー」と言われました。"女神"転生という名前だけに惹かれて買ったソフトですが、あれから10年弱、未だにクリアできません……。
 難しいというか何と言うか、怖いんですよ。
 シビアな世界観。崩壊した世界、唯一残っているTOKYOミレニアム。でも悪魔は跳梁跋扈しているし、スタート地点のヴァルハラ・エリアは後々魔王に喰われるし。そんな怖い世界のソフトの、どこが好きなのか。悪魔合体システムと、悪魔のグラフィックです。
 悪魔合体システムに関しては、手持ちの悪魔を組み合わせていくうちに、思いがけない美しい悪魔に出会えたりするわけですよ。初めてアークエンジェルが出来上がったときには、ただただその美しさに一目惚れでしたから。今回の画像はハイピクシーですが、この悪魔も中々美人さんに描かれてますしね。

 一度は全クリしてみたいソフトです。

このページのトップヘ