私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

カテゴリ: 場所/お店

 人吉市にある素敵なカフェを紹介します。
 名前は、多分、倉kuraカフェ。人吉市内から小林市内に向かう道のりで、チェリーゴルフコースとかいう看板が出ているところを右に曲がってしばらく進むと右側に看板が登場してくれます。

kurakura1-mini.jpg

 えっと、行ったときは冬だったんでこんな殺風景な状態になってますが、その後、春に再度たずねたら、ちゃんと緑に埋め尽くされた素敵なお庭になっていました。
 ちなみに右側には人吉市内が遠く見えたり。

kurakura2-mini.jpg

 お店の中はこんな感じ。
 窓が大きいので、外の光をふんだんに取り入れた明るいカフェですね。
 街外れにありますし、いくら窓の遠く向こうに街並みが見えるとはいえ、ここはお昼などの明るい時間に来るのをおすすめします。多分営業時間は10時からですが。

kurakura3-mini.jpg

 こちらはお肉のランチメニュー。
 このときは1,500円だったんですが、春に出掛けたときは2,000円になってました……。でも、いっぱしのコースみたいな感じで、ちょっと贅沢な気分が味わえました。
 食後のデザートもあります。デザートに添える飲み物は、珈琲・紅茶・ハーブティーから選べます。

 あんまりこういうカフェ行かないから、余計に、いろいろ感動した思い出の場所です。

 熊本市上通り近くにあるカフェ&バーを紹介します。
 「ワーズワース」です。
 昔、そんな名前の番組がありましたよね。確か、「ワーズワースの庭」とかいう名前でした。ちなみにワーズワースとは人名で、綴りはWords Worthと書きます。人名といってもおそらくペンネームでしょうし、なかなか凝った名前ですよね。

 それはさておき。

 このお店、昼間はほぼ紅茶専門のカフェです。ほぼ、というのは、一応お酒も出しているから。ま、昼間から飲むなんてことはそうそうないですが。
 オーソドックスなダージリンとかアールグレイとかは、ちゃんと用意されていた、と思います。曖昧なのは、それよりも、このお店のオリジナルブレンドの紅茶が多く揃っていたからです。たとえば、「ぐるぐる」とか、「タイムマシン1号」とか、名前を聴いただけでもユニークな紅茶があります。「ぐるぐる」は、二日酔いのあの気持ち悪さに効くような茶を集めてブレンドしたものみたいです。

 でも私の一番のお気に入りは、マロウカルピスです。
 これは、マロウブルーという葵の仲間のハーブを使った紅茶に、オリジナルカルピスを混ぜたものです。このマロウブルーが、キレイなお茶なんです。

ワーズワース1

 ね?
 こんな色のお茶、見たことないでしょう?
 マロウカルピスを注文すると、小さなレモンの切れ端も出てきます。レモンの切れ端をグラスの中に放り込んでぐるぐる混ぜると……まるでリトマス試験紙みたいな鮮やかな反応を見せてくれます。ええ。

ワーズワース2

 こちらは、チョコレートです。
 値段は失念してしまいましたが、値段の割りに美味しくて、得した気分になったことを覚えています。お茶のお供にどうぞ。

 場所なんですが。
 上通りを、並木坂の方向に向かってまっすぐ歩きます。途中、大谷楽器の前に十字路があるのですが、そこを左に曲がります。そうして道なりに進み、また現れた十字路を左です。するとワーズワースがあります。
 ま、マップにトラックバックしてますので、そちらでご確認ください。

 普段は飲めないような紅茶、珍しいお茶、美味しく贅沢な気分になれるお菓子、女の子の心をばっちり掴んで放さない、素敵なカフェだと思いますよ。
 ま、私はマロウカルピスを飲むために行ってますけどね。雰囲気なんて二の次。

 そうそう、ここ、茶葉を買うことも出来ます。
 マロウブルーは売ってませんが。

 お店のレビューって久しぶりです。

 私ピアノ弾くんですよ。
 大学に上がって一人暮らしを始めてからも、大学にあるピアノをよく弾いています。
 で、そんな私のお気に入りのお店が今日紹介する「大谷楽器」です。あ、リンクはおてもやん内にあった大谷楽器のブログです。
 大谷楽器は、上通りにある大きな楽器店です。下通りに向かって左を向きながら歩いていると、すぐ判ります。

 当たり前なのかもしれませんが、楽譜が豊富なのが嬉しいです。
 いや、だって、一応本屋さんにも楽譜って置いてますけど、楽器店ともなると品揃えの豊富さが違うじゃないですか。あと、あんまり本屋さんでは見かけない、マイナーなゲームの楽譜も普通に置いてあるところがステキ。私、ゲーマーですので。「新約聖剣伝説」とか。
 クラシック系も一通り揃います。「ブルグミュラー 12の練習曲」もあります。今あるかどうかは知りませんけど、最後に行ったときはありました。そのときは「ギロック こどものためのアルバム」を買いました。確か。

 音楽グッズが置いてあるのも、雑貨屋さんみたいで楽しいです。
 たとえば、鍵盤のシャープペンシルだったり、音符の柄のクリアファイルだったり。ピアノ教室とかを開いている方向けの、月謝袋も置いてありました。私のピアノの先生がそういうのが好きで、もし熊本に来たら案内申し上げたいぐらいの品揃えです。他に、消しゴムとか鉛筆、色ペンとかも置いてありました。あと、マグネットも。ここら辺は地階フロアです。
 一階フロアには、グランドピアノのオルゴールなんかもあります。昔ピアノの先生に贈って喜ばれたことがあります。
 他のグッズだと、タオルやらピンバッチやらストラップやらも1階フロアですね。一度買いたいと思ってもうどれだけ経つやら……。大谷楽器に行くと、ついつい楽譜の方を買ってしまうのです。

 私がピアノを弾くのでピアノメインのレビューになってますが、他の楽器も置いてありましたよ。面白いものではmidi接続のできるロールピアノなんかもありました。行くたびに勝手に弾いてます(笑)
 今もあるのでしょうか。

 また行きたいです。楽譜買いに。
 ブルグミュラーの、「25/18/12の練習曲」以外の楽譜がほしいです。大谷楽器ならありそう。そもそも存在すればですが。

 勤労感謝の日に、いつも気になってはいたが行ったことのなかったお店に行ってみました。
 それが、イタリア料理店(……ですよね?)「PARADISO」です。

 500円でちゃんと一品食べられるのが素敵でした。
 見た感じ、何だか学生には高そうなお店だったのです。でも、入り口付近の看板に「今日の500円ごはん」という素晴らしい文言がありまして。500円で食べられるのは素敵!と思って入ってみました。
 正解でした。私が食べたのはアクアパッツァというお料理。お魚をオリーブやエビやアサリやイタリア野菜(名前は判りませんでした……)を煮込んだスープで一緒に煮込んだお料理、です。ご飯とパンの好きなほうが付いてきましたしねー。多分、入っていたお魚さんはマスだと思うのですが、これがまた美味しかった!というよりは、スープそのものが美味しかったのですよ。仄かにすっぱかったですが、それがかえってイタリア料理のイメージに合って、ちょっと感動ものでした。
 そのときの連れはドリアを頼んでましたっけ。とろけるチーズが糸引いてるドリア(!)でした。500円とは思えない本格さ。素敵です。なんと学生の見方なのでしょう。ステキすぎます。

 そしてその素敵な「500円ごはん」にとどめを差したのが、デザートもついてくるということ!干しいちじく・コーヒーゼリー・紅茶ゼリーと何かあと一つ、4つの中から選べます。私が選んだのは紅茶ゼリー。これがまた、仄かに甘く紅茶の味のする素敵ゼリーなんですよ。連れはコーヒーゼリーの絶妙な微糖っぷりに舌を巻いてました。

 店の雰囲気もよかったです。
 イタリアンというか、洋風というか。あと、週ごとのイベントもやってるみたいです。ワインが安くなったりするみたいですよ。

 うん、あそこは美味しかった。
 また行こうっと♪

 うちの彼氏さまに連れられて行った、美味しいラーメン屋さんが本記事の主役です。
 その後、友達に話したところ、普通に知っていたので、もしかしたらそれなりに名の知れたお店なのかも知れません。ラーメン屋「龍の屋」です。

店内

 まずはお店の雰囲気に惚れました。
 広々とした店内に、木の机と椅子、温かみのある照明。入り口にはコートなどの外套を掛けるためのハンガーもあり、心遣いの嬉しいお店でした。

心遣い

 心遣いといえば、この髪ゴムも嬉しかったです。
 確かにラーメンを啜るとき、髪が前に下りてきて、邪魔なことこの上ないことは結構あることです。朝、出かける時点でラーメンを食べることを予測して髪を縛る人なんてそうはいないでしょうし。大したことではないけれど、でも、ちょっとした優しさ。この髪ゴムに関する心遣いが、私がこのお店を気に入ってしまった最大の理由だったりします。

ラーメン
 そして主役のラーメン。
 これがまた、美味しかったんですって!私は残念ながら、何を食べても好きなものは美味しいと感じるタイプですが、それでもこのラーメンは一味違いました。なんと言うか、スープに深みがあるんですよ。そう、美味しいんです。普通のラーメンのスープとは、明らかに何か違うんですよ。味音痴の私でも判ります。これは、一度食べてみるべきですよ。
 あと、この写真に申し訳程度に写っている卵。これは、トッピングメニューにあった半熟卵です。およそラーメンに入っている半熟卵で、一個まるまるなのは珍しいですよね。白身には独特のスープの旨みが浸み込み、黄身はいい具合にとろとろで、これまた絶品でした。

 ラーメン屋のレビューで半熟卵のレビューをするのも妙な話ですが(笑)

 最近通っている歯科です。
 先に断っておきますと……お気に入りも何も、私は熊本の歯科はここしか行ったことありません。
 ただ、今まで地元で行ってた歯医者さんに比べて、結構お気に入りなので、こうしてピックアップしてみました♪

 腕のよしあしは置いておいて(並だと思いますけど)……その雰囲気が好きなんです。病院全体のもですが、何より、先生の雰囲気が。
 だって……軽い
 最初に歯科検診をお願いしたときは、歯を鏡で照らしながら「じゃん!」「じゃん!」とか言ってるし、患者さんにお父さんのことを訊かれて、「今ギックり腰で、動くたびに"ぎゃっ、ぎゃっ"、て言ってます(笑)」とか……まあ、まだそれはいいとして。
 麻酔つきの治療を受けたのですが。その麻酔を注入するときの言葉――「ちょっと痛いかもね~。ちくり~☆」。

 ……………………。
 痛みより何より、先に、その「ちくり~☆」に突っ込むか否かをちょっと考えました……。

 さすがに一般の大人向けにそんな軽い口調の治療をしているとは思えませんが(……やってたりして)、子供とか学生とかご老人相手には、かる~い雰囲気で治療してくれます。これ、いいことだと思うんですよ。特に子供にとって、歯医者って、怖いイメージしかないところでしょう?やってることは普通の歯医者と変わりませんけど、あの先生のテンションというか、雰囲気だと、結構通いやすいと思うんですよ。子供にとって。

 ということで、子供をお持ちの方、特に行きつけの歯医者がなければ……。
 私?私は同じ学生の友達に、宣伝しまくってますよ。ここ、好きなので。

このページのトップヘ