私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

カテゴリ: ゲーム/その他

 前に紹介しました「ルーンファクトリー -新牧場物語-」の外伝的ゲームがあります。ゲームといっても携帯アプリで、一律210円です。
 それが、「ルーンファクトリー Another Story」です。パソコンサイトがなかったため、どうぞ、携帯のトップページから検索してくださいませ。

 夏・秋・冬・春の四つのトリロジー(章ですね、きっと)に分けて綴られる、ヒロインたちとの恋愛劇です。
 現在、夏トリロジーとして「タバサ・ビアンカ・ロゼッタ」、秋トリロジーとして「シャロン・メロディ・トルテ」、冬トリロジー「めい・ミスト」がリリースされています。好きなヒロインの分だけダウンロードして楽しめばいいと思います。しかし各トリロジーは実はつながっていて、たとえばタバサ編でビアンカのキーフラグを取得すると、ビアンカ編で特別なイベントを楽しめるというわけです。

 各ヒロインとのニヤニヤ必至の物語もですが、挿入されるCGの綺麗さに惚れ惚れします。
 ヒロインごとの売りきりですから、もともとお気に入りのヒロインをプレイしているわけですから、より愛しく思うこと請け合いです。私は今のところ、タバサ編とシャロン編、トルテ編をプレイしましたが、どれもこれもダウンロードしてよかったと思っています。

 課金せずともダウンロード&プレイは出来ます。その場合はプロローグイベントしか出来ませんが、各シナリオの雰囲気を掴むのには十分に思います。まずは体験版から……!

 「ドクターマリオ」、「パネルでポン」、「ヨッシーのクッキー」……任天堂を代表する3つのパズルゲームが1本になった素敵ソフト、「NINTENDO パズルコレクション」の紹介です!

 といいつつ、私はこの中に収録されている「パネルでポン」がお気に入りだったりするのですが。
 よって、それのレビューになってしまうのですが。

 パネルでポンは、8人の妖精たちの物語です。主人公の花の妖精フリルは、妖精の世界をめちゃくちゃにした魔王を倒そうと、冒険の旅に出ます。途中、悪い魔法をかけられた仲間の妖精たちを助け出し、最後に待つ魔王サナトスを、みんなの力でやっつけるのです。
 このストーリーが、このソフトでは、移植元であるスーパーファミコン版よりかなり付け加えられ、細やかになっているのです!

 前作では、サナトスの背後に黒幕がいました。
 今作では、さらに黒幕の背後にもう一つの存在があります。
 そして今作はなんと、フリルに恋の予感も……?

 ストーリーの追加により、対戦回数も増えました。
 それゆえ、一回のプレイがやり応えあるものになっています。ストーリーも対戦も楽しめて、イイカンジです♪

 もちろん、エンドレスや対人戦、スコアアタックなど、他のモードも充実していますよ♪

 Wiiの注目タイトル「大乱闘スマッシュブラザーズX」の紹介です。
 スマッシュブラザーズ、通称スマブラ。ちょっとゲームで遊ぶ人なら大抵は知ってるだろう、超人気タイトルでもあります。
 ちなみに2006年の年末にこのブログで紹介した、「大乱闘スマッシュブラザーズ」の次々作でもあります。

 とにかく面白いの一言に尽きますね。そして任天堂のゲームファンに嬉しい要素が多々あります。
 まずは操作できるキャラクターの豊富さでしょう。前々作でも12体いましたが、今回はその倍ぐらいいます。驚いたのは、「ファミコンミニ 光神話 パルテナの鏡」より主人公のピットが登場していることです。これ、ファミコンミニという名前からもお分かりのように、もともとはファミコンで発売されたソフトをそのままGBAに移植したもの。ファミコンなんて、軽く20年ぐらい前のゲーム機です。そんな古い作品から登場なんて……。
 個人的にお気に入りのキャラは、そのピットに、ルイージ、前々作から好きなカービィです。

 BGMも今まで発売されたソフトから転用しています。
 そのまま流用したものもありますし(「スーパードンキーコング」より「The Map Page」とか)、アレンジして転用されたもの(「黄金の太陽」より「戦闘曲/ラストバトル」とか)、様々です。私が一番好きだったのは、「スーパーマリオブラザーズ3」の飛行船の曲と、「スーパーマリオワールド」のOP&EDの曲です。双方共に素敵なアレンジをされていました。特に後者は、一人用モードのスタッフロールで流れた曲だったとか。ここら辺も、任天堂のオールドファンにはウレシイところです。

 そして何より、複数人プレイが楽しいのなんのって!
 家庭用ゲーム機の真髄ですよね。友達や家族と一緒にワイワイ楽しめるのって。強い人は強いけど、弱い人もアイテムを使ったりすれば十分に勝てる。そこらへんが、また、面白いのです。結果がわかりませんからね。戦いの舞台となるステージも、いろいろな仕掛けを施されています。得意なステージ、苦手なステージとか、出てきます。そのことが、勝敗の行方をよりわからなくします。

 またやりたいな!

 いやー、久しぶりにはまりました。
 というか、牧場シリーズだと大抵私ははまりますが……今日は、ずっとプレイしたくて、最近やっとプレイすることができた「牧場物語しあわせの詩 for ワールド」を紹介します!

 人間達が感謝の心を忘れたから、女神さまは石になってしまった。人間を愛していたがゆえに裏切られたと嘆いて。そんな女神さまを救うために、コロボックルたちはある新米牧場主に、「音色」を集めてとお願いする――そんなお話です。
 例によって例のごとく、クリアしなくてもこれという弊害はありません。一応、音色を50個(全100個です)集めれば女神が復活してエンディングですが、エンディング後もそのまま続行プレイできます。女神のことなんか放っておいて、自分の好きなように牧場を大きくしていってもいいのです。私はと言うと、毎回のように、農作物語を楽しみ、そして好きな女の子と結婚しようとアプローチ中です。
 まず、キャラが可愛いです。3Dなのですが、上手く可愛いグラフィックに仕上がっています。作物のグラフィックも、本当に成長しているようでいい感じ。今までは、どんなに成長して1一マス分の広さを越える大きさにはなりませんでしたからねー。
 そして、キャラや作物、家畜たちが、今までの牧場シリーズから広く再登場しているのがいいところです。特に、牧場物語には初代、2、3、ワンライ、キミ島の5パターンのキャラクターたちがいるのですが、そのうち、初代と3のキャラは、他の作品にちっとも登場しない不遇な運命にあったのです。そんな彼らに再び脚光を当てた……初代と3のファンにはかなり嬉しいです。

 ちなみに私は現在1年目夏の月4日。
 ゲームキューブソフトなので、Wiiでもプレイできますよ♪

 必要なのはノリ感だけ。
 そんなシンプルイズベストなアーケードゲームが、ゲームセンターに最近、設置されました。
 その名も……「リズム天国」!同名GBAソフトの移植版です。

 アーケード版最大のポイントは、二人同時プレイが出来ること。片方が苦手なゲームでも、もう片方が得意ならば「ハイレベル」の称号を簡単にゲットできますし、プレイ終了後には「秘密の相性診断」なんてのもあります。そうそう、ハイレベル称号を得ると、遊べるゲームの残り数が一個増えますよ。
 操作は、多くてもボタン三つしか使いません。つまり、普段ゲームをしない人でもすんなり楽しめる簡単設計なのです。それなのにバラエティは豊富だし、何度も遊びたくなるような奥の深いゲームばかりです。100円で最低三つプレイできますしね。

 ゲームセンターで見かけたら、ぜひぜひやってみてください。
 個人的に好きなゲームは、「タップダンス」「コスモダンス」「バイキンはかせ」です。
 公式サイトはこちら

 「マリー&エリー ふたりのアトリエ」。ザールブルグ編のアトリエソフトで、ワンダースワンカラーのソフトです。

 いや、これ、おもしろいんですけど。

 携帯ゲーム機用のソフトなので、いつでもセーブ&ロードは一瞬でできるし、操作性は抜群です。そして、無駄なぐらいに多いアイテム!中和剤、フェスト、フラム、賢者の石など、お馴染みさんもありますが、それと他に、この作品だけ出てくるものとか、新登場のものとかもあります。多分、カステラとかワッフルとかのお菓子系統がこんなにも充実しているのはこの作品だけでは?

 そしてお茶会を開けるのが楽しい。お茶とお菓子を錬金術で作って、それを契約中の冒険者や錬金術士に振舞うのです。色々な話を聞けますし、相手が錬金術士だと、新しい錬金術のレシピを教えてもらえたりします。

 キャラが多いのも魅力です。カレイドとか少女とか、お気に入りキャラが必ずできますよ。

このページのトップヘ