私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

音楽/ミュージック

純情Midnight伝説

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第8弾!

 今回は「純情Midnight伝説」です!


 夜露苦死的な歌詞に、当時は初(でしたよね?)のマイクパフォーマンスを含む振り付け。ステージでは炎がバンバン出るし、とにかく派手!
 それでいて、5人のソロパートがそれぞれ同じぐらいの長さだったので、それぞれを聞き分けるのも楽しい。これはぜひ、オリジナルの編成で楽しみたいところ。

 後からはこの衣装が販売もされましたね。もちろん(?)買いましたよ!


 これが登場したイベント中は、ちょうどデレステから離れていた時期でした。今思えば、それが、とてもとても悔しい!

 ぜひリアルタイムで参加したかった!

秘密のトワレ

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第7弾!

 今回は、「秘密のトワレ」です。志希にゃんのソロ曲ですね。


 「恥辱的にあたし」とか「獣脂を満たして」とか、ついでに、自分自身の匂いを抽出して媚薬を作ってしまおうだなんて、恋する娘は魔女にもなれる!って雰囲気が好き。こういう妖しい歌ってこれまでにはあまりなかったような気がします。
 というか今でもあまりお目にかかれないかな?


 THE☆志希にゃんの歌って感じがするのもいい。Angel Breezeもですが、そのキャラの魅力や特性を見事に反映した歌が持ち歌なの、ほんとその人の歌って感じがして好き。実際のアイドルの歌も、そんな感じだったりするのでしょう。


 今は恒常SSRの志希がいるけれど、お迎えする前は、松原を編成してました。
 結構似合う、というか、志希を除けば、松原ぐらいしかいないんじゃないかな、この歌が似合うの。

Yes!Party Time!!

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第6弾!

 「Yes! Party Time!!」がひたすらに好きです。

 これ、PS VR用ソフト「アイドルマスターシンデレラガールズ ライブビューイング」のために書き下ろされた一曲で、発表当時はVRに関心がなかったため、この曲自体もスルーしていました。
 が、ある時、スターライトステージに楽曲として追加されてから、そのアップテンポな曲調と、無駄に明るい歌詞に惚れ込んでしまいました。


 シンデレラガールズの全楽曲の中でも、テンションを一番あげてくれる曲だと思います。あくまでも、わたしにとって、ですけどね。
 月曜の朝、出勤時に聴くとガンバロウ!って思える一曲です。

キラッ!満開スマイル

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第5弾!

 今回は、「キラッ! 満開スマイル」。

 デレステの同名イベントで登場した曲です。が、初出はTVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ劇場」の主題歌です。
 その時から可愛らしさとノリのよさで気になっていたところ、満を持してデレステに登場ってわけです。


 春らしい軽やかな歌ですし、気が付くとつい口ずさんでしまいます。「お花見しよーよ♪」とか「見られるより見られたいの」とか、年頃の女の子の賑やかさとアイドルとしての強かさが共存している感じがとても好きなんです。
 mvが桜色で見ていて気分が明るくなるというのも魅力の一つでしょうか。


 アニメの主題歌の中でも一番好きな曲です。今のところ。

咲いてJewel

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第4弾!

 「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cool jewelries! 003」に収録されている「咲いてJewel」です。
 またまたデレステのイベントが初出の曲です。
 デレステ、イベントの度に新曲が出てくるのですが、よく考えれば贅沢なリズムゲームだと思いませんか。

 まず真っ先に抱いた印象は、mvの背景が綺麗だということ。SFCのゲームに「スーパードンキーコング」ってあったんですけど、それの4-2であるクリスタルトンネルを思い出しました。たとえが細かい?でも通じる人には通じそう。

 曲調は、まさにクールタイプアイドルのための曲ですね。
 どうもこの歌、鷺沢文香のイメージが離れないんですが、それもカッコイイ旋律のせいかも?この曲のゲーム内ジャケット画像だと、センターは文香の他に、ありすもいるんですけどね。


アタシポンコツアンドロイド

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第3弾!

 「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 001」に収録の、「アタシポンコツアンドロイド」。

 これも、同名のイベントが初出の曲です。

 デレステ関連で最初に好きになった曲です。ファミコン音源みたいなイントロが、まず耳を惹いてよいでしょう。
 「ハートを見せちゃおうかな?」からの「ハートを見せたらグロいよね」の流れは思わず吹き出してしまいました。

 「世界中にいる同じ顔をしたアタシ」「ご主人さまに恋しちゃったみたい」、なんかベタな流れなんですが、王道で好きなんです。物語性があるとでもいいますか。


明日また会えるよね

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(以下、デレステ)で出会った好きな曲について色々語る記事、第2弾!

 今回は「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 003」他に収録されている「明日また会えるよね」です。

 これ、確か初出はデレステ側の同名イベントです。
 わたしはその頃はちょっとデレステからは離れていたので、出会ったのはイベントが終わり、曜日限定楽曲として追加された後の話です。

 まず、出だしから「わたしが呼んだら今すぐ来てね」。
 わたしが、よんだら、いますぐ、きってね♪って感じで、一言ひとこと区切って歌ってます。これがまたカワイイ。
 あと、ここ、手を叩く音が入っていて、この曲を聴きながらついやってしまいたくなります。

 ノリのいい曲でもありますよね。

 他に、「わたしが好きなら今すぐ来てね」だの、なんかワガママなこと言ってる歌だなあと、はじめは思っていました。しかしながら、よくよく聞けば、帰りのバスが来るのが遅ければいいのに何分でも話していたいとか、10分だけ待ち合わせに遅れてお詫びに手をつないであげるとか、とにかく可愛い!

 おそらく、歌い手が可愛いから歌も同じように聞こえるのでしょう。
 これのイベントの時、ちゃんと参加したかったなー。


Angel Bleeze

 アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージで出会った好きな曲について色々語る記事、第1弾!

 ……とは!

 そのまんまなんですけど、デレステがきっかけで出会った好みの楽曲について、楽曲そのものや歌詞、果てはデレステ内のmvまで言及したりしなかったりしつつ紹介していきます。

 第一弾は、我が担当でもある川島瑞樹のソロ曲「Angel Bleeze」。
 「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 014 川島瑞樹」というCDに収録されています。……これ以外にも、収録されているCDはあるんですけど。

 曲全体の雰囲気は、見事に80年代アイドルといったてい。
 そんなものを2000年代のアイドルが歌ってしまうんだからすごい話です。まさに昭和のアイドルといった雰囲気がぷんぷんしています。その、どこか古臭くも懐かしい曲は、まさに川島さんでないと歌えないですよね!川島さんのソロ一曲目にこういう曲調のものを持ってきたところが素晴らしいことです。

 この曲が好きな理由は、わたしの好きなアイドルである川島さんの、イメージにぴったりなソロ曲だから。

 そうそう、この歌、川島さん屈指の名言「わかるわ」が歌詞に組み込まれています。何でも、歌詞を受け取った作曲家、「いくらなんでもやりすぎだろ……」と思いつつもいつの間にかそれっぽい旋律を書き上げてしまったというエピソードがあるようで。
 さすが川島さん。



0655/2355 明日がくるのをお知らせします

 いつの間にこんなん出てたんでしょうね!?
 シュールな歌から、癒しの歌、ちょっと勉強になる歌まで、バラエティに富んだ0655/2355のオリジナルソング集「0655/2355 ソングBest! 明日がくるのをお知らせします」の紹介です。特に0655の歌は、通勤時にカーオーディオで流すとテンションが上がります。2355の曲は大人しい感じのものが多いので、帰途で流す用なのでしょうね。

 特に好きなのが次の曲。

「気にしないの助音頭」。
 細かいことは気にしない!実は「重箱の隅突くの助」を受けての歌なんですけど、私は気にしない~の方が好きです。
 世の中いろいろな悩み事や困り事がありますが、小さいことはホント、どうでもよくなります。朝にいい。

「電車が来ます」。
 ひたすら「電車が来ます」「列車が参ります」と歌っているだけの歌。
 妙に耳に残るメロディで、気がつくとつい口ずさんでます。歌ってるのは竹中直人氏。低めの声が駅のアナウンスのようでなかなか心地よいです。

「素晴らしき哉、世界」。
 クセになるメロディが好き。冒頭から面白かったです。
 わたしは「造波装置」の歌詞のバージョンの方が好みですけど。
 

Karafina The Best "Red"

 Karafinaのベストアルバムの一つです。もう一つ、"Blue"もあります。

●consolation
 なんだか疾走感のある歌。短調で、切なさと強い決意とを感じさせてくれます。ドライブするときに流すと別の意味でテンションが上がりますね。これ。こういう曲調好きなんですよねー。

●moon fest~ムーンフェスタ~
 NHK教育の「みんなのうた」で知った一曲。なんだか「月のワルツ」に似た雰囲気の歌なのですが、サビ部分が長調なのです!切ない時間を越えて、恋しい再会を果たしたって雰囲気がして、希望が感じられて……いい意味で裏切られました。歌詞では「いのちの輪 広がり 閉じて繰り返す」って部分がお気に入り。NHKでは、そこでいろいろな親子や夫婦の姿が描かれるものですから。こう、つながる命の尊さ……男女の愛の尊さ……改めて感じます。そうそう、CDに収録されているのはフルバージョンで、テレビ版と異なるのですよ。その、テレビ版にはない部分からは純粋な娘の恋の匂いがします。

●音楽
 これもconsolationと同じで疾走感があります。荒野のイメージかな。
 人が動物として持っている、原子的な音楽の歌。動物というか、その人として、かな。オリジナルを揺さぶられる仕上がりです。
更新情報
  • ライブドアブログ