私の好きなもの。

ゲーム、書籍、食べ物……何でもあり、かつ、プラス評価のみのレビューブログです。更新は毎週水曜日(と、たまに日曜日)。

カテゴリ: 日用品/その他

 コンビニのセブンである日見つけたメモ帳です。

minigennkou4569

 ねえこれ、可愛くないですか?

 中を開くと、ちゃんと原稿用紙なんです。作文用紙といいますか。もちろん、書こうと思えば文字も書けます。相当ちっさくなりますけどね。


 普段使いのマウスが駄目になったので、新調しました。

usagimausu.jpg

 これ、こう見えてワイヤレスです。
 価格は1,000円程度でしたが、値引き後なので、本来の価格は判りません。

 可愛らしい見た目に癒されます。

 今年の夏ごろ、フランス人がとある地方都市の宣伝をしたCMが全国的に話題になったのをご存知でしょうか。その名も、「ンダモシタン小林」。宮崎県の片隅にある小さな市を紹介した動画で、意外な裏切りに話題となりました。
 その動画に登場するのが西諸弁。小林市周辺で話されている方言ですが、それを広めようと面白おかしいポスターが、実はあるのです。その名も、西諸弁標準語計画の一部として!

0d193715.jpg


 これらを作っているのはてなんど小林というプロジェクト。そちらのサイトで紹介されているのですが、まあこれが面白くて。
 といっても、西諸弁を見聞きしてる人しかこの面白さ、伝わらないとは思うんですけどね。

 指に刺さるトゲのこと、ぴって言いません?

 旦那が艦これにハマりまして。
 できればもっと気楽に遊びたいというのと、私自身もフリーゲームをやりたいがパソコンをいちいち開くのは面倒で遠ざかっていたところ、これは便利だということで、お互いの利害が一致。タブレットPC「Dell Venue 8 Pro」を購入しました。
 あ、上記リンク先はテキトーです。

 この機種を選んだのは、OSがWindowsであり、かつ価格が40,000弱という低価格だったからです。タブレットにはAndroidやiOSを搭載しているのもあり、それらはアプリを遊ぶにはいいのですが、今回の我々の目的からは外れます。

 さて。
 ブラウザゲームをするのにまったく問題はありません。レスポンス、十分です。画面の大きさはさすがに普通のパソコンよりは小さいですが、拡大表示が可能なのでそこまで気になりません。
 ことブラウザゲームに関しては、膝の上に置いておいてタッチで操作できるのが便利です。いちいちマウス動かさなくていいなんて!

 フリーゲームも、普通に動きます。ただ、ゲームによっては画面を拡大できないので見づらくなるものもあります。Elonaとかね!
 尤も、これは工夫次第でどうにでもなりそう。

 ちょっと遊んではスリープにして放置しておくことも可能だし、立ち上がりは早いし、買って大満足です。専らブラウザゲームばっかりしてますが。
 ただし、内臓キーボードにはカーソルキーもシフトキーも搭載されていないので、少なくともフリーゲームをするなら別売りのキーボードを買い足すことをお勧めします。

 以前から万年筆に一種の憧れを持っていました。
 単純に、なんだかカッコいいイメージがあるのです。作家さんが持っているイメージ。作家でなくてもいいのでしょうけど。ペンは毎日使うものだからこそ、そこにカッコいいもの、自分が憧れているものを使うことで日々の生活が少しだけ豊かになったような気がします。

 しかしながら万年筆には高級で手の届かないイメージもあります。
 そんなイメージを払拭してくれるのが、今回紹介する万年筆カクノシリーズなのです。

123ce714.jpg


 シリーズと銘打っていますが、単純に、キャップの色が多様にあるぐらいです。インクは、パイロット製の、通常の万年筆用のカートリッジインクが使えます。

 万年筆に興味があるけど実際に買うのはちょっと……な方にぜひお勧めしたい。
 何てったって、安い!1,000円+税ぐらい!Amazonで買えばもう少し安くなるかも?
 就職や進学のお祝いとしてのプレゼントにもお勧めしたい。……いえ、就職はどうかと思いますけど。というのもこのカクノ、どちらかというと子供(学生)をターゲットとしているようで、軸とか可愛らしいんですよね。

 使い心地は通常の万年筆とほぼ同じ。
 これをきっかけに万年筆のユーザが増えてくれればいいなあと思うばかりです。

 私はカクノも普通の万年筆も持っています。
 そうそう、このカクノ、安い割に頑丈なのか、落としても壊れません(※今のところ)。

 これ!
 精巧に出来てると思いませんか!

くまもん前

くまもん横2

くまもん横1

くまもん背

 どこで買ったかも思い出せないのですが、炬燵に戴ってる蜜柑まで丁寧に作られていて、これ、大好きです。
 壊れるの怖くて使えないのでストラップとしての用はなさないのですが……!

 よく行くスーパーで偶然に見かけ、何だか懐かしかったので衝動買いしたスキンケアグッズ……グッズっていうほど大層なものではないけれど……それが、ニベア

4f43caea.jpg


 伸びないし塗り心地いいとはいえないけれど、その懐かしい匂いだけで買う・使う価値は十分にあるのです。
 上記Amazonのリンク先は大缶ですが、私が買ったのはその半分量の58g。そうそうなくなる量でもありませんしね。

 二ベア、使い方によっては色々便利なようで。
 「話題の二ベア青缶スキンケアまとめ」を始めとして、色々なまとめが作成されています。

 私はそういうの関係なく、ただ単に懐かしいという理由だけで使っていますけどね!

 何年か前に、クレーンゲームで取得したものです。
 アルパカさんの化粧入れ。



 あ、手前のです。
 後ろにいるのは、アルパカさんですが、とことこ動く縫いぐるみ?おもちゃ?のようなもの。

 とにかく全体的にもふもふ!
 そして思ったよりこれ、汚れないんですよね。どういうわけか判りませんが、まだ一度も洗ったことないですが、写真の白さを保っています。



 横にファスナーがついていて、そこから中身を取り出します。

 頭の、耳の間にボールチェーンがついているので、一応どこかに装着することも出来ると思います。ただ、私はいつも耳自体を掴んで持ち歩いています。
 人の目に付くと高確率で「可愛い」と言ってもらえて、ちょっと嬉しかったりもします。

 200円の万年筆「ペチット1(万年筆タイプ)」を紹介します。
 ペチットというペンには3種類ありまして、一つが万年筆タイプ、一つがサインペンタイプ、一つが筆ペンタイプです。筆ペンタイプに橙色のインクを入れて「書道の朱筆入れごっこ」で楽しむことも可能ですが、それはまた別の話ですね。



 こんな感じで、かなり小さいです。
 蓋を本体の末尾に装着することで長くして使います。
 別に装着しないでもいいですけどね。

 このペン、ペン先が万年筆だからかもしれませんが、書き味がいいんです。滑らかで書きやすい。小さいからポケットにも入れておけますし、筆箱の邪魔にもなりません。まあ、書ける字は太めだとは思いますが。0.5mmぐらいでしょうか。

 インクが切れたら専用のインクカートリッジを入れ替えればOKなあたりも、なんだか本物の万年筆っぽいですよね。
 その入れ替える瞬間がまた楽しかったり。
 初めて買って、インクと本体の間に立ちはだかるキャップを取った瞬間も楽しいです。ペン軸にインクがしみこんでいくのが見えるのですよ。

 黒以外にも様々な色があります。
 私はブラックとベビーピンクを持っています。

 再びはんなり豆腐シリーズ。

touhumakura.jpg

 見切れててごめんなさい。

 今度は、はんなり豆腐の、柚子バージョンの、枕です。
 しっかり低反発です。

 普通に低反発の枕がほしかったわけですが、こんな可愛らしい枕があるとは思ってもみませんでした。価格は1,500円ぐらいだったはず。
 そしてこちらは、カバーを取り外して洗うことが出来ます。
 ここらへん、クッション(または縫いぐるみ?)と枕は違うんだなあとしみじみ。

 愛用品ですよ。

このページのトップヘ